韓国語を瞬時に翻訳できるサービスが新登場

複数の人

ビジネスに耐える訳文品質

レディ

信頼性の高いチェック体制

ビジネスで扱う外国語と言えばかつては英語が中心でしたが、最近ではアジア各国の経済発展に伴って韓国語や中国語と接する機会が増えています。特に韓国との間では文化交流が進んだ影響もあって、経済的な結びつきも強まってきました。ビジネスの場で韓国語を扱わなければならない場面が今後も多く想定されますが、日本では英語と違って学校教育に韓国語がほとんど取り入れられていません。そのため大半の企業では韓国語文書の翻訳に対応できる人材が不足しており、ビジネスに停滞を来す可能性も取り沙汰されています。現在では無料の機械翻訳がインターネットブラウザ等を通じて手軽に利用できるようになりましたが、そのような訳文をビジネスの場で使うのは適しません。機械翻訳の訳文には誤訳が多く、日本語としても不自然な場合が少なくないのです。日本語を韓国語に訳す場合でも機械翻訳の精度ではビジネス利用に耐えないと判断される例が多く、たいていは有料の翻訳サービスが利用されます。有料サービスでは韓国語に深く通じた翻訳者と多く契約しており、訳文の正確さはもちろんのこと、専門用語を交えた高度な訳文も可能です。韓国語の文字表記に使われるハングル文字は非常に細かなニュアンスまで表現できる仕様のため、機械翻訳では英語以上に誤訳が多いとも言われています。きちんと人的コストをかけて正確な訳文を作成する翻訳サービスは、納品の前に実施されるチェック体制の面でも高い信頼性が確保されます。通常の校正だけでなく韓国語を母国語とする人によるネイティブチェックを入れることで、より自然な訳文が実現されるのです。近年は人工知能の進化によって機械翻訳の品質も向上していると言われますが、ビジネスに利用する場合はまだ十分とは言えません。将来的にはともかく少なくとも現時点では、韓国語のように複雑な言語の訳文作成には専門の翻訳業者が優位に立っているのです。

品質を重視しましょう

本

韓国翻訳は機械によって訳すことが容易ではないのでプロにお任せするのが安心です。技術的な文章などは、翻訳者とネイティブスピーカーのダブルチェックをしている業者で、いままでに実績がある会社を選ぶことで高品質な訳文に仕上げてもらうことができます。

文章の訳を依頼する方法

オペレーター

韓国の翻訳を業者に依頼するときには、原稿をファイル形式で送る方法と、プロジェクトマネージャーを個別に配置してもらう方法と、翻訳システムを利用する方法があります。また業者の翻訳は日常会話レベルの文章から、ビジネスで使う専門分野まで対応しています。

優れた専門業者を選ぶには

韓国語

会社間のビジネス提携等に伴い、韓国語の翻訳サービスを必要とするケースが増えています。優れた専門業者を選定する際には、専門分野に対応した翻訳を提供できるか、ネイティブチェックを含めた、高品質な翻訳が提供されるかを、見極める必要があります。